2007年05月27日

金と銀が表現できるのでしょうか。

カメラはデジタルよりもスチールのほうがいい。
理由は、現像する時の粒子の密度の詰まっているのがいいから、と言う様な事を以前書きましたが、実はもう一つ理由があります。

それは私の持って意るプリンターの価格が安いから、と言われてしまえば、もう何も言う事は無いのですが、金色と、銀色の表現が出来ません。

写真のコピーをする時、金や銀色が混じっている写真をプリントすると、金色は黄色に、銀色は灰色になっています。

まだ、携帯でとった金や銀色のプリントはしていませんが、やはり同じ結果だろうと思います。

もっとも、プリントも、写真用の用紙をわざわざ買ってくるのももったいないので、いわゆる普通のコピー用紙でしか試していません。

写真用プリント用しだと違うのかも知れませんが、私には、金と、銀の表現は無理だろうと思っています。

いずれ試してみます。
posted by のんびりおっちゃん at 00:33 | ソフトで感じた事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。